今からでも遅くない!アフターピルを知ろう   >   アフターピルの仕組みとは

アフターピルの仕組みとは

アフターピルの仕組みとは

アフターピルを飲んだことがある方も飲んだことがない方も、アフターピルには事後避妊効果があると知っていても、どのようにして避妊ができるのか仕組みを知らない方は多いのではないでしょうか。

アフターピルには2種類のホルモンが含まれているのですが、そのひとつがプロゲステロン(黄体ホルモン)です。
アフターピルの服用後、体内のプロゲステロンの量が増えて数時間後にピークを迎えます。

その結果、排卵が抑制されるのですが、排卵が遅れるということは、膣内に精子が侵入した場合に卵子と出会う可能性が下がるということです。

もうひとつ、エストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンも体内で増えるのですが、これは本来排卵日から生理前まで分泌するホルモンです。
エストロゲンは子宮内膜を厚くする働きを持っているのですが、エストロゲンをアフターピルにより摂取することで、脳が妊娠していると思いこんでエストロゲンの分泌を抑えるのです。

これにより、子宮内膜が厚くなるのを防ぎ、排卵して受精してしまったとしても、着床することを抑えることができます。

このように、アフターピルは女性の体内で起こっているホルモンの変化を利用して作用しているのです。

ホルモンの働きを利用しているため、当然副作用が起こることがあります。
副作用には吐き気や嘔吐、めまいなど様々ありますが、嘔吐してしまうと効果が半減してしまうため、2時間以内に吐いてしまった際には再度服用する必要があります。

吐いてしまってもすぐに再度飲めるように、通販サイトで数箱購入しておくとよいでしょう。
通販サイトならアフターピルのまとめ買いで1箱あたりの価格が安くなるので、病院で処方してもらうよりも断然お得です。

Copyright(c) 2017 今からでも遅くない!アフターピルを知ろう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com